読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

質量

特技は長座体前屈です

#potatotips 21 で発表してきた

connpass.com

初参加だったが、思い切って発表枠で申し込んで当選したので発表してきた。

実は勉強会で発表するのは2回目1年ぶりだった。それでも、まあなんとか話せたと思う。 スライドを見てもらえば分かるが、話す量が多くて、半分話したところで口の中がパサパサになった。

発表順が後ろから3番目と遅かったが、自分の発表まで酒を我慢して、発表のあとはビールを掻っ食らった。 発表のあとのビールは本当においしかった。達成感でビールがよりうまくなって最高。

懇親会では、以前から話してみたいと思っていた Android エンジニアの方々ともお話できて楽しかった。

勉強会で発表すると他のエンジニアと話しやすくなるし、ビールがうまくなるので積極的に発表していきたい。

Create Layouts with the Wearable UI Library

発表タイトルは「Create Layouts with the Wearable UI Library」。

speakerdeck.com

Android Wearアプリを作成するときに絶対使うであろう Android Wear 用の 公式 UI ライブラリ、 Wearable UI Library の View についてひたすら紹介した。

Wearable UI Library の記事って全然ないし、最新 1.3.0 の情報も見つからないし、ちょっとは需要あるかな?と思ってこのテーマにした。Android Wear アプリを作成してみたいと思っている人の参考になればいいなと思った。

私はプレイストアに Wear アプリを 3 つ出していて、それらを作るときに得た知見も合わせて紹介した。発表時間が 5 分しかなかったので、ゆっくり紹介できなかったが…。そのうちブログにまとめたいと思っている。*1

Wearable UI Library は 最近のアップデートで ActionPage など、Android Wear アプリを作るときに役立つ View が多数追加されたりしていて、以前よりも Wear アプリ作りやすいんだよ *2、だから Wear アプリも盛り上げていこうぜ〜、ということを言いたかった。

Creating Custom Layouts | Android Developers

*1:TechBooster の同人誌でも一応 Wearable UI Library の記事を書いている。techbooster.booth.pm

*2:ActionPage が追加される前にActionPage っぽいレイアウトが組みたくて TextView と CircledImageView でそれっぽいレイアウト組んだりしてた